値段のウンチク


@ご注意:ザ・懐中野郎の値付けは以下に当てはまっていません。
あくまでアンティコルムなど海外オークションを参考にしていますので
仕入れより安くなったり思いっきり高くなったりしています。=一定の法則に
従っていないということです。
大多数は買い取り価格そのままかそれ以下又は+10〜20%以内の
値段アップで出しています。薄利多売でこなしています。

それ以上の値段アップにできないのは卸でもあるからなんですね〜。



時計に限ったことではありませんが、値段についてのご質問が非常に多いので
今回は値段についてです。これからリサイクル店の経営をしようと思われて
いらっしゃる方には特にいい情報でしょう。

また、時計の仕入値段は?とかいろいろな掲示板で書き込まれたことがありますが
それのご参考になれば…とも思います。

まず、中古時計の販売も含めて「リサイクル」の相場をお教えしましょう。

1、商品持込買取価格

買い取り価格は売値の3割が基本です。程度のいいもの・人気商品は4割が
相場です。
これはお店に持ち込むのが基本です。

2、出張買取価格

出張買取は商品の量によって搬送などで人件費がかさみ、さらに行ってみないと
わからないという事からリスクが非常に大きく売値の1割です。よくて2割です。

3、郵送買取価格

郵送費が経費でかかるので事前に不要なものを選定しておかないとトラブルが多く
信頼できる方からという限定で2−3割です。

4、委託販売価格

資金のない店舗では商品の原価がないために予算のない場合は便利で2つの
パターンがあります。

A、委託手数料がない場合

売値の4割程度が店が受け取るのが普通です。

B、委託手数料が要る場合

これは売れても売れなくても店が受け取る手数料で売値の3割にしている
場合が多いです。
(品物の委託が多い場合に採用しますねーー。)

#売れ残るとどちらにしてもトラブルの原因にもなるので予算がなく
お店を始めれる場合は簡単に考えすぎるといけません。


さて、いかがでしたか?このレートはどこで調べられても実際にブランド服などを
持っていかれても確認できると思います。それ以上の設定にしているところは
良心的なところと判断できると思います。=はい。ザ・懐中野郎ですね!!


ただ、この中に入らない、いや、入っていたのがいつのまにか入らなくなって
しまい、それが常識に切り替わってしまったのがロレックスです。

プレミアって付いて買ったときよりも高くで売れるとか…で感覚が変わって
しまったものです。これはこれでいいのですが、それを他の時計にも
当てはめてしまって「どうしてこのブランドは下取りが安いの?」とか
疑問が出てしまうようになってしまったんですね。

骨董品も「何でも鑑定団」でいくらいくらとなりますと、その値段で
売れるということになりますがあくまで店頭販売価格です。
したがってお店に持っていって引き取ってもらえば3−4割に
なってしまいますのでそれは承知しないといけません。

また、下取りはそれがルールですが、個人売買では7−8割とかでいけます。
その代わり販売まではすべて自分でやらなければいけないのがルールです。
信用のない人ですと、いくら安くしても買い手ができませんし、信用のある人なら
すぐに売れます。友達が多いという点でも変わってきますね!!

さて、個人売買掲示板などでは個人が販売できる格好のシステムです。
ネットでは個人売買掲示板で上手く販売できれば下取りよりもはるかに
高く手放し、次のターゲットを購入する為の軍資金に出来ます。

このザ・懐中野郎の読者の皆さんはトレジャーハンターになって頂きたいので
このような売買システムを超えた分野を開拓されていると思います。
(手に入れた値段よりも高くで手放してステップアップを図ろうという
”つわもの”ですからね。)

そうです。その開拓したものはご自分の財産ですので是非とも時計だけに限らず
他の分野でも発揮してくださいませ。

今回はリサイクルの値段に対するウンチクでした。ご参考になりましたでしょうか。

@ただ、リサイクルってそんなに利益を取るの?っていう感覚になられた方は
すべての産業に当てはまっていることも合わせて理解ください。
例えば医療機器では原価10万円の心電図+血圧計が60−100万円で
販売されるのです。もちろん、量が出ませんので高く設定され、量の出るものなら
”コストが安くなり”という表現がよく使われますがもっと安くの利益率となります。
リサイクルショップは量が出ませんので高い感覚になりますが一般の産業機器
(たとえば中部電力のエコアイスとか銀行のATMとか)はもっと大きいでしょう。
喫茶店のコーヒーとかは有名ですね〜。

利益率の安いものでは車とかラジカセ、ビデオなどの量産できるものに限られると
思います。