ノーマル9

価格は日本市場での相場イメージです(物の程度に因ります)
2003-2-21確認


ユニークダイヤル
相場
0.8〜1.5万円
ELEMというスイスの会社製。知りませんでした・・・。金と銀の張りのコンビが素敵です。意外とダイヤルも綺麗ですが、通常使いも出来そうです。
@ウオルサムフルハンター15J 3万円 リバーサイド型
(軍用マニア向け)
@14Kオープンフェイス 12万円 ハイグレード正統派
@ランゲ&ゾーネパワーリザーブ付き軍用良品 80〜90万円 程度極上!!
この値段で手に入ることは2度と無いでしょう。ロシアより輸入。通常は40−60万円です。値段が安すぎて「不具合がある」と勝手に想像されてしまったほどの逸品。いいものが安く出るのと同時に決定の速さは購入者には大切です。返品はこういうものなら大歓迎ですけどね!「最高にバッチリです!!」購入者談
ブラック・スタール&フォレスト(プラチナ) 55万円 プラチナ製の逸品です。機械にエクストラ表記。ケースサイドにはサファイヤが散りばめられています。1920年頃。センベイ並の薄さを持っていますので、この薄さの中に機械が入っているなんて…と通常の人々は十分驚きます。
パテックフィリップ 45万円 44mm。プレゼンテーションケース。
コレクターさんに機械を説明するときに使えます。アンクルとは、ガンギ車、テンプ、矢印型平衡錘…。しかも、普通の時計の機械で説明するのではありません。パテックを用いるメリットがあります。このパテックには金無垢ネジ、金無垢ガラス押さえなど、見えるだけに豪華に作ってあります。パテックといえどもPR用はより豪華に作ったんですね。これのことです。
@KWKS
(多分金無垢)
50万円
見積もり不能
これの裏ブタをあけて機械を見せ、金無垢テンプの出来の素晴らしさとテンプに付いた初期ちらねじ(トックリ型、ねじ込み式)を説明してください。ねじ込みちらねじは距離の調整まで出来るようになっているようです。
この時代ならデテント以外はこの形式は見たことがありません。トックリ型チラねじは初めて見ました。
金無垢テンプの最上級
@ユニオングラシュッテ14Kフルハンター 15万円 高精度なグラシュッテ4分の3プレートのユニオン(ブランドマークより)。
残念なのがスワンネックが欠損していること。
モバード 13万円 #80M特別ハイグレード薄型
1940年前後18Kゴールド44mm
時間正確
エドワード・ファーブル・ブラント 19万円 ブラントってよく聞きますが、あまり調べたことはありません。有名どころではオメガの創設者一族がルイ・ブラン(ト)。日本では商館時計でブラント商会というのがありますね。

パラシュートサスペンション仕様
針が交換されています。





8ページ       次のページへ


トップページへ