脱進機の超簡単ウンチク

テンプの一例

左がアンクルクロノメーターに採用されることが多いギョームバランス、
右は標準的に見られるカットバイメタルバランス。

金無垢のウェート(チラネジ)の仕様などでもバリエーションがあります。
白色に見えるチラネジは、ほとんどがプラチナです。



腕時計になって脱進機の種類がアンクル・オンリーになってしまい、
購入決定のウェートから脱進器が外れてから久しいです。

最近では、オメガのコーアクシャル脱進機が出ましたが、
アンクルの親戚みたいな感じ?

脱進器については雑誌でも特集がよくありますので、
是非読んでみてください。

写真またはイラストが入っていませんので、
類似の時計をリンクで張りました。

ネット上で時計サイトが増えれば、
簡単解説のところは必ず出てくるでしょうから
それまでユックリ我慢してください(笑)。←他力本願



バージ脱進機

200年ー160年前までよく見られる物である。
チェーンびきの鍵巻きであり、
古いくせに結構元気な物が多い。

ブレゲを始めとする連中までスイス製のエボーシュで
ショップウオッチとしてエナメル絵画を描き高値(王侯貴族相手)にて
売り捌いていたらしいが、それでも貴族向けなのだ。

古いものの典型として是非押さえたいし、
実用にもまだ耐えれる。

でも、1日1時間も誤差のあるものも多いので、
実際に長時間観察しないといけませんので、
骨董市やフリマでは選ぶのが難しいです。

ブレゲエナメル画側がこれに当たります。

 


シリンダー脱進機

非常に文章では説明し難いものです・・・。

テンプ下の軸にガンギ車が直接絡んでいると言う感じかな。
かなり、脱進機に負担をかけるらしく、
バージ脱進機より耐久性が悪いらしい。

1930年ごろまでのアイテムで見る事があります。
それは、1910ー1920年ごろの第1次世界大戦…大不況の為、
新しいムーブを作る事が出来ず在庫処分の転用の物です。

ちょっとありがたみが無いですが、歴史として頭の隅に!

例えばこれ

1番最初に出したバージ脱進器タイプで、
バージでなくシリンダー脱進器を使ったものは
時計技術発展の途中にあるものです。

有名なのはトーマストンピオンとその弟子のジョージグラハム。


デュプレックス脱進機

センターセコンドの中国向け懐中時計に多い。

耐久性と製造コストが悪かったそうで、
すぐ消える運命だったらしく、多く見かけれません。
1820ー1850年頃がメインに作られました。

一見ムーブも派手なので高そうだが、
意外と安いのがポイントでしょうか。

無名のノーマルなら5ー6万で購入したいものですが、
国内では15万円ー20万円というところ。
ズバリ高いです。銀無垢です。

クオーツのように秒針が飛ぶタイプです。

キャプテンウオッチのパテック&Coがディプレックス採用品。


デテント脱進機(クロノメーター脱進機)

デント・ブレゲ・アーノルド・アーンショウを始め、
著名時計人が挑んだもの。

脱進機の衝撃がほとんど無く、
しのぎを削って作製していました。

大変作製が難しい脱進器ですので、
なかなか市場にありません。
あっても、高いっっ。

スプリングデテントと、ピボテットデテントがあります。

説明が難しいのではぶくけど(笑)

普通、ボックスタイプのマリンクロノメーターとしてありますが、
その上の価格帯がポケットクロノメーターです。

海の航海の安全を左右する精巧な時計ですが、
テンプが重く大きいので水平にしないと
精度が悪い傾向があります。

そのため、ポケットウオッチ時代は短く
アンクル脱進機に使い勝手で負けてしまいました。

ポールデテシェイムのアンクルに取って代わられた事を
特に記憶に残しましょう。
安い値段でポールデテシェイムがあればゲットですね。

デテント脱進器は数が無いです。
秒針がクオーツのように飛びます

本物のクロノメーターの凄みは一見の価値があるぞ!!!

クロノメーターを見てね


トゥールビヨン&カールセル脱進機

色々な姿勢で時計を使うと重力によって機械に影響が出ます。
ほんの少しですが。
しかし、そのほんの少しの影響を無くそうと追求したのが
当時の天才時計師ブレゲ。

精度こだわり野郎とは、彼のことでしょう(笑)。

タービロン(turbillonトゥールビヨン)脱進機は
1分間で1周
する変わった脱進器。

イメージが出ないと思いますが、
これは文章で説明するのは難しい!!!

腕時計のトゥールビヨンでイメージを沸かしてやってください。

turbillonはニコル・ニールセンが
90%ほどを1900年前後に作っています。

それを見て作られたのが、
1時間で一周させるカールセル脱進機

トゥールビヨンの仲間です。

これ、意外な事にもっとも効果的だったらしいです。

ロザームやデントなどが、
特許&ムーブをもらって少量作ったらしいです。
写真はありません。

ブレゲの工夫は本当に後世に残っていますねぇ。
見て面白いturbillon脱進機が最近腕時計で復活しましたなー。

▲クドイですが、記事を書いた時は「腕時計のトゥールビヨンが無い」時代。
時代は変わりました。今では量産品まであるようですし。


アンクル脱進機

いま、これ以外はほとんど有りません。

前述のturbillon以外には、
1億円のパテック懐中のデテント脱進機でしょうか。

アンクルには以下があります。
ポール・デテシェイム様に感謝してしまいますなあ。

a,ストレートライン脱進機

はい、腕時計はこれです。

精度の良いものを昔にちなんでクロノメーターと呼びます。

ジュネーブシールはデテントでないアンクルのものでも、
精度・作りの点でいいものをクロノメーターと呼びたいと
経営者側から申しでして設定されたようです。

これ

アメリカの懐中時計ではダブルローラー脱進機という
発展型(分岐型)の物もあります。

@ストレートライン、イングリッシュレバーなど、
テンプの違いで沢山のバリエーションがあり、
種類は300以上も細かくあります。

変わったものはオークションで高値をつけます。
脱進機の種類でコレクションする事は
懐中野郎にとっては必ず通る道です。

b,コーアクシャル脱進機

ジョージダニエルズ1978年に開発した、
結構手間のかかっている形をした脱進機。
衝撃を少なくする理論で腕時計のこの機構の新型は久しぶり。

今までは懐中時計のタイプからの発生分以外は無かった。
オメガが量産化した。
オメガ・デ・ビルの18K無垢自動巻きが80万円で999本市販されている。

c,イングリッシュレバー脱進機

イギリス向け懐中時計に採用。

世界に名だたる大英帝国だった所以か、
特殊な発注の時計が多いです。

昔のエボーシュ供給メーカー時代のバセロンも
イギリス向けによく作っていました。
商館時計でもイギリス向けには、
特別採用してこれになっているようです。

イギリスでは脱進器以外にも2/3プレートのムーブを
注文制作しなければならなくて、
本当にメーカー泣かせだったとか。

さすが、大英帝国!!

従って、イギリス向けは、調査しても製作者がなかなか解らず
(メーカーマークがムーブダイヤル側にあって解る場合もあるけど)、
無銘でも持っているのがパテック製、オーデマピゲ製!!

だったということも多くあるらしい。例えばこれ

▲オーデマピゲの歴史書を見ると、
表側にメーカーマークが入っているそうです。

しかし分解修理を何回もやっていたため、
自然と消されたりされたことがあるみたい。
ダイヤルのブランド銘が消えるのと同じ様な感じですねェ。


ピンレバー脱進機

時計を庶民の物とするため、
アメリカの会社が作った1ダラーウオッチ。
それに使われていた脱進機。

ドイツも同じような物をつくった。
外見が普通で、中がコレだと失神級という噂が。

みょうに軽くて、見るからに安物だが、
歴史的熱い思いが伝わってくる…。

コレクターに熱い涙と笑いを供給してくれる脱進器です。

これ(脱進器解説ページ中)

←どれぐらい涙が流れるかというと…(破壊力満点)



表紙へ